店舗でどれものクレジットカードが決済できるわけではありません。□クレカの加入店は多くは多くのクレカの運営会社と契約していますが、不便なことに契約店舗で全てのタイプの契約カードが決済可能なんではありません。例をあげていうと旧態然とした商店のときにはJCBのロゴの付いているカードしか使用不可な場合もあるし新しい店舗だとVISAとマスターの名前のカードだけしか決済不可なときもあるでしょう。ディスカバーといったクレジットカード会社だったら、いっそう使用できない商店が増えるのではないでしょうか。何の印のカードが決済できるかをいかに見たら良いのか「ならどのようにしてどのブランドの所有カードが使用できるかを確かめたらいいんだろう?」というと、確実にチェックするのだったらお店の誰かに尋ねてみる以外にはないというのが残念だけどその答えになります。とはいえども大抵のショップやホテルには加入店の分かりやすいスペースに切れるクレカのマークが入った認証マークが貼り付けられている理由から、「そうなんだこの店舗ではアメリカンエキスプレスカードが決済できるんだな」といった感じでわかるようにされてるし心配しないようにしてください。いっぽうで、きっちりと管理が出来ていないお店で決済する場合には、ロゴシールが掲載されている店舗でも「当店ではご提示いただいたクレジットカードはご使用になれません」といったような答えをもらってしまうなんてこともあるので冷や汗をかいてしまうこともなくもないですね。そこで、できる限り全部の加入店舗でクレジットカードが切れるようにするためにももう一つのブランド(欧米圏の会社)が入っている一般的なビザカードMasterCard、アメックス、というようなクレジットカードを2枚以上使えるようにしておくようにするとよいでしょう(例として:JCBを契約しているなら他方は銀聯カード付帯のカードを契約するほか)。もっぱら国内では、VISAカード、MasterCard、JCBの3つのブランドが書かれているクレジットカードをその都度携帯しておけばだいたい日本各地の加入店でいずれかのカードを使用するよう準備万端というわけです。カードを契約して効率よくキャッシュレス生活を続けていくには、言うまでもないが上記のカードを財布に忍ばせておいていただくようお勧めします。