愛車の売却額査定の要点として重視されるところに走行距離があります。走行距離というのはその車の耐用年数とみなされるケースもありますので、実際の走行距離が長いだけ、見積もりにとっては減点材料になるでしょう。基本的には走行距離は短いとそれだけ愛車の売却額は増えますが、実はそれほど突っ込んだベースラインは存在しなく決まった目安で査定が行われます。このような事は現実に中古車を車買い取り専門業者に下取りをする時も重要視される買取査定の小さくない要点です。例えば普通車では年間で10000kmが基準としてこの走行距離以上だと一般的にマイナス査定となります。軽自動車だと、年間標準走行距離が8千kmがまた年式が古いのに走っている距離が少ないとしても、見積額が高額になるとも一概には言えません。実際に実行したら良く感じられると思いますが、中古車は適時動かすことによっても状態を保ちますから、あまりにも短い走行距離の中古車ですと、破損しやすいとも考えられることもあります。車を手放す際も一緒です。基本的には年式や走行距離に関しての査定の要点は保有年数と比べて適正な走行距離かどうかという点です。次にその車の年式も、車の査定の大切な注意点です。きっちり把握しているというような方が多数と思いますが、通常は年式は新しければ新しいほど査定をする上で優位なのですが、稀にですがその年式の車に特別な価値があるものは、新しくない年式の車でも高額で査定されることもあるのです。、同一のもので同一の年式の場合でもその年式の中でマイナーチェンジやモデルチェンジがあった車は当然、それぞれのブランドで買取額は変わってきます。全く同じ自動車を手放す金額と言っても様々なケースで算出される金額は大きく異なってくるのです。