任意整理は負債の整理というふうにも呼んでいてそれぞれ債権者へ返済を行っていくことを選択した借金を整理する選択肢なのです。75-17-19

一般的な手続きですが司法書士有資格者もしくは弁護士事務所債権を有する者と借り手との仲介をして相談し合い利息に関する法律に照らして適切な利息計算をして再計算した借入金の元金の借入金利を削った方法で3年くらいの期間内で返済していく整理計画です。75-15-19

この手続きの場合にはいわゆる裁判所等をはじめとする公の機関が関係しないので別の手続きと比較した場合、手続きを行った際のデメリットとなる点があまりなく手続きそのものが依頼者にとってほとんどストレスにならないので、メインとして考慮するようお勧めするルートということになります。75-16-19

さらに、お金の貸し手がサラ金のように高い借入金利の場合には利息制限法という法律で定められている利息を超過して振り込んだ金利についてはその元金に充当すると考えてもととなる元金自体を少なくしてしまうことも可能です。75-6-19

つまり、消費者金融のように大変高額な金利のところに長期間返済を続けている例だとけっこうな金額を減額できるような場合もありますし、10年近く返している例では元金自体が消滅してしまう可能性もあります。75-20-19

任意整理の良い点を挙げると、自己破産手続きと違いある部分のみの負債だけを処理することができるため、他に保証人が付いている借金を除き整理していく際や自動車ローン以外について整理する際等も用いることも良いですし、築き上げてきた資産を処分することは求められませんのでクルマや土地などの財産を所有していて、放棄したくない場合にも活用できる借金整理の手続きになるでしょう。75-19-19

ただし、これからの返済に必要となる額と現実の給与等の収入を比較検討し、ある程度完済が見通せる場合においては処理を進めるほうが良いといえますが自己破産手続きと異なり借金そのものが消えるのではありませんので、負債の金額がかなりになるような場合は、実際的には任意での整理の手続きを実行するのは容易ではないと判断することになるでしょう。75-12-19

75-8-1975-10-1975-14-19