破産の手続きは特定の借りたお金を外して行う申告は通りませんので高額なローン・親族などの保証人が付いている未返済金などの債務を除いての申告はすることができません。過払い金返還請求 相談

住宅ローンがまだ残っている段階で自己破産を希望する旨の申告を実行した場合マイホームは強制執行されてしまいますことから数十年残っている住宅ローンを支払い続けながら(マイホームを手放さずに)借金を返納したい時には民事再生という申込方法を考えるのが良いでしょう。

また親族などの連帯保証人が存在している借金が残存しているケースだと、債務をもつ人が自己破産手続きをしてしまうと連帯保証人に対して直々に催促が送られてしまうのです。

さらには、保持している財貨(駐車場、自動車、証券や保険といったもの)などは原則として例外なく接収の対象となってしまうゆえ、絶対に持っていたい財貨が存在するという場合や、自己破産をすると営業停止を余儀なくされる資格を使って労働されているならば、違った返済の方法(任意整理や特定調停の申し立てといった手続き)を取らなければなりません。

また、賭け事や無駄な支出による借入金を作った場合には目的の免責(借金をなかったことにする裁定)が認められない可能性が想定されますから、別の借入金返済の方法(特定調停、任意整理ないしは民事再生の適用による返済の減額)なども積極的に調べていく必要があると言えます。