クレカを使用取りやめにするということに間して言えばそれは呆気にとられるほど取っ付きやすいことに違いありませんが使用不可能化する上で知っておきたい事柄などについても認識してしまえばクレカの使用取りやめについてもうまく進めることが易しくなるでしょう。アーセナル

ポイントを列挙して整理しましたから読んで下さい。

クレジットカード加入を完了させた後特別の事情無く即座に試用不可能化を行ってしまうのは非推奨⇒クレジットカード加入手続きしたそのあと即当のクレジットを機能停止を行ってしまうとブラックリストに入れるべき人物などというようにカード会社によってレッテルを貼られることがある(例えばしょっちゅう登録、解約という作業をしてしまったというとき)。

実際に加入サービス・ポイントを得る目的である契約のケースでは、商品券または優待券というような契約時のサービスをゲットしたというような理由で間髪入れず登録解除の実行を行いたくなってしまう考えもうなずけます。

それでも、クレジット会社サイドの視点において検討してみれば信用出来ない人にはもう自社ブランドによるカードを使って余分な作業を増やしたくないと言う風に結論を出すという意思決定が下されても怒ることはできないでしょう。

だから、たとえ加入時の特別待遇目当てでクレジットをを申請してしまったとしても間髪入れず解約行わずに最低でも1年の半分、許されるならば365日よりもクレジット自体を使用可能な状態にしておくことを推奨させて頂きます。

あるいは登録時のサービス・ポイントということに限定されず何となく申請して手に入れてはみたがいつ使えばいいかわからないからなどと考えてしまう様な状況においても六ヶ月経つ間はクレジットカードを所有しておくべきです。

利用者の考えているよりもクレカというものを確認作業等を含めて製作する際にかかる人件費や手間は発生するものなので少しでも楽をさせてあげよう・・・と少し気を遣って下さるとクレジット会社も助かると考えれます。