PCの前で、リアルタイムで上下動している相場を目を向けていると何となく売買をしなくてはいけないという抑えようのない気持ちが生まれる場合も多かったりします。http://xn--n8j2b3bvpldse0j3ew037d.asia/

しかし、はっきりしない感覚で売買するのは、間違ってもしてはいけません分かっていると思いますが、為替相場は昼夜を問わず、いずれかのマーケットは動いているし、市場もいつでも変動している。ぷりぷりプリンセス口コミ

とは言っても、何度も売買を積んでいくと、それだけ損失を被る危険が上がってしまいます。黒ツヤソフト 口コミ

確かにエントリーの数を積む事で、トータルで勝つ確率か半々になっていくのは事実です。小学生 毛深い

でも「はっきりしないインスピレーションでエントリー」とは別問題です。ダイエットサプリ 酵素 口コミ

売買回数を積むとは、「ここだ!」と思える機会を得られたケースでの取引回数を積むという事を言っています。とうきのしずく 口コミ

何となく、売り買いをするのとははっきりと違う。チャップアップ 口コミ

マーケットの駆け引きに勝利するためには、あなたがよく考えて緩急をつけることが不可欠です。ホワイトヴェール 日焼け止め

「ここはいける」と思った外国為替市場の時には、いっそ所持ポジションを多くして積極的に利益を追い求めます。保険マンモス セミナー

「少し分かりにくい外国為替相場でどう推移するのか理解できないな」と思い至った時は、観念して売買ポジションをすべて見切りをつけて何もしない。キレイモ ロコミ 効果 何回

それぐらいのけじめをつけた方が、最後に注文は儲けられます。

市場の格言には「休むも相場」というものがある。

まったく言葉どおりだと感じます。

相場とは売買ポジションを保有する事がすべてではなくポジションを保持せず何もしないことも時には取引です。

では、どういった時に、休むべきなのでしょうか。

第1に言われるのが前述したように、これからの外国為替相場が明確によく見えない時。

これからどちらにいくのか判断できない時はヘタに動くと、自分で作った物語とは違った方向に外国為替市場が向ってしまい、損失を被ることになる。

そのため、こういうケースではポジションを減らしてそのまま何もしないで様子を見ているのが最良の方法です。

次に、あなたのコンディションがあまりよくない時です。

健康状態とマーケットにつながりがない感じる方もいると思いますが実際には思いのほか影響を与えます。

体の調子があまりよくなければ、為替相場の大事なところで、落ち着いた決断が出来ない場合が多くなります。

気乗りがしない時は、市場から離れる事も大事な事です。